水虫の靴下は、他の衣類と一緒に選択して良いの?

水虫の人の衣類は、個別に洗ったほうが良いのか?

水虫で涙を流す子供

水虫に苦しんでいる・・・
ここで自分だけならまだ許せるのですが、子供や妻、他人に水虫が洗濯が原因でうつっちゃうなんて本当に嫌ですよね〜。

 

とはいってもどうやって洗濯したら良いのか?
靴下だけ個別に洗うべきなのか?
そんなの気にしないで普通に洗っちゃえばよいのか?
洗う前にワイドハイタ―やブリーチなどの殺菌処理をするべきなのか?

 

なんて、ちょっと気にはなるけどイマイチはっきりとどうするべきなのかが分からない疑問について、ここで簡単に答えていきますね!


水虫は、普通に洗濯するだけでうつりません!!

水虫である旦那さんの靴下を、他の洗濯物と一緒に洗ってしまったら、靴下にたっぷり含まれてる水虫菌がばらまかれてうつるんじゃないかと思うと、あまり気が進みませんよね。(って書いているだけで、嫌な状態を想像しちゃいましたが・・・)

 

気は進まないものですが、水虫の人の靴下と他の洗濯物を一緒に洗っても、洗濯機の中で白癬菌がうつることはありません。
特別な洗剤も必要なく、ただ普通に洗うだけで大丈夫です。白癬菌は人間の角質に根をはりますが、同じように白癬菌が靴下に根をはっても、繊維は角質よりも柔らかいため、洗い落とすことが可能なのです。

 

湯船の残り湯を使って洗う場合も白癬菌の影響はありませんが、すすぎは綺麗な水道水を使ってください。そうしないと、最後まで洗った衣服に白癬菌が付着してしまうからです。そしてすぐに干し、よく乾かすようにしましょう。
生乾きになってしまうと白癬菌が残っていた場合、うつる原因になりかねないので要注意です。乾燥機を利用するのも良いですね。乾燥機で高温処理できるだけではなく、しっかりと乾かすことができるからです。

 

また洗濯槽の中に白癬菌が残っているんじゃないか?と心配な人は、定期的に洗濯槽クリーナーなど専用の洗剤を使って、洗濯槽の中を除菌・殺菌しましょう。水虫菌のことが心配じゃない人も年に数回は綺麗にしておきましょう。基本的に、水気のあるところは除菌と殺菌をこまめに実施しましょう。水虫もそうですが、多湿のところは細菌がたくさんあり活発になってしまうからです。

水虫の人の靴下も安心して洗ってね!

一応水虫の人の衣類は、皆の洗濯物と一緒に洗っても大丈夫!!
というのが結論になります。

 

とはいっても心理的に嫌だ!!
ただでさえ旦那の衣類と子供、娘、自分の衣類は分けたい!

 

なんて思っている人は、気にしないでわけでもよいと思いますよ。
やっぱり洗い終わった後に一緒の洗濯かごに放り込んで運んだり物干し台にに持っていったりするときに移るかも・・
なんて不安がどうしてもなくならない人は、自分の気が済むように別にするのもアリだと思います!

広告
広告
page top