足の爪を切ると、足の臭いが消える!

足の臭いは爪にあり!

足

足の爪、しっかり切っていますか?
手の爪はもちろん毎日見ているので気にして切っている人は多いと思いますが、足の爪って意外と切り忘れたりしていませんか?

 

特にサラリーマンの方にとっては、朝起きて急いで会社に行く準備をして飛び出す。
返ってきたら疲れ果てて、チャチャッとお風呂に入って、ゆっくりする暇もなくベットで眠る。

 

なんて生活の人も多いんじゃないでしょうかね?

 

ですが、ちょっと待ってください!!
足の臭いは、足にいる雑菌が繁殖して臭いを出している。ってのは散々このホームページで説明してきましたね。

 

じゃあ、この雑菌、どんなところが好きかといいますと、指の間、爪の間、など狭いところを好んで存在しているんですね。
いいですか?大事なことなのでもう一度言いますよ。
爪の間には、雑菌が繁殖しやすい!

 

その結果、足の臭いを強くしてしまっているんですね。
なので、足の臭いを消したい、ツーンとくる納豆臭だか刺激臭だかをしっかりと消し去りたい!!
と思っている方は、これからは足の爪の手入れもしっかりとやるようにしましょうね。


足のつめの手入れ方法

足の手入れ

では具体的に足の爪の手入れ方法について紹介していきますね。
まず爪の切り方について、一番多い勘違いについて書きます。

 

深爪は衛生的じゃない!
これをしっかりとまずは覚えてください。

 

足の爪なんてしょっちゅう切るもんじゃないし、たまに切るときは深爪気味になるぐらいに短く切っちゃえ!!

 

・・・
って気持ちは分かるんですよ。
私も正しい知識を知るまではそうやって切ってましたから。ですが、この深爪、清潔でもなんでもないんです!!
切っていることは良いんですが、深爪をしていると、本来爪がある部分にお肉が盛り上がってくるんですね。

 

そうすると何が起きるかと言いますと、お肉と爪が不自然に埋まってしまい、その部分が洗えない。
その結果、雑菌が繁殖してしまう。という現象が起こってしまうんです。
正直自分も爪の部分にお肉が盛り上がるぐらいに変形しており、なかなか治りません!
今そこまで行ってない人は、今すぐにでもやめるようにしてください。

 

じゃあどうすれば良いのかと言いますと、爪をまっすぐに切って、とがっているところを軽く削るぐらいで十分です。
ココも誤解している人が多いのですが、足の爪は手の爪ほどしっかりと丸く切る必要はありません。
むしろ、四角形の形が残っているぐらいがちょうどよい形なので、あまり丁寧に切らないようにしましょう!

 

足の手入れ

この画像は、こちらのサイトより引用させてもらっています。 → 靴の処方外来 川北接骨院

 

この画像が非常にわかりやすいですね。まあ要は、しっかりと四角形の形を残して、軽く角を整えるぐらいでよい。
と病院の先生も言っているぐらいなので、従っておきましょうね!

 

ってこのサイトを見て初めて知ったんですが、靴の処方外来。なんて言葉があるんですね。
最近の子供は裸足で走り回らないので、土踏まずがしっかりと形成されず、きれいな足のアーチにならない。なんてこともニュースで取り上げられていましたね。
思っているよりも、足について悩んでいる人は多いのかもしれないですね。


足をしっかりと手入れして、臭いを消そう!

赤ちゃんの足

いかがでしたか?
正しい足の手入れ方法について、理解できましたか?

 

まあそこまで神経質になる必要は無いのですが、ようはしっかりと爪を切る。
その時は正しい形に整える!!

 

ってことを意識してもらえれば特に問題は起きないと思います。
手であれば、甘皮などしっかりとやすりで削って手入れするのですが、足の爪に関してはそこまでは必要ないかと思います。

 

ただそうは言っても、足の爪が臭いを悪化させる原因となるのは間違いないので、しっかりときれいになるように心がけましょう!
※上の写真は赤ちゃんの足です。本当に柔らかくて、「角質」なんて言葉が一切ない足です!こういう足を目指しましょうね 笑


広告
広告
page top