足湯するだけで、足の臭いを消せます!

足湯で足の臭い対策ができるって本当?

足湯

タイトル通りなのですが、単純に足湯に入るだけで足の臭い対策が出来ます!足の臭いに悩んでいる人は、ぜひとも消臭するために試して欲しいと思います。

 

何で足湯に入ることによって足の臭い対策になるのかと言いますと、

  • 足を温めて血流を良くすることにより、老廃物が排出される
  • しっかりと皮膚表面を温めてふやかすことにより、角質などの余分なものがなくなる

 

という大きなメリットがあります。

 

ネットなどで色々と調べている方は、

ネットで見たときは、重曹とかお酢、とかの足湯に入るとよい!

って色々と書いてあったんだけど・・・本当に足湯に入るだけで効果があるの?
そんな単純に足を温めているだけで、足の臭いがなくなるなんてイマイチ信じられないんだけど・・・

 

なんて疑問を持たれる方もいるかもしれません。
確かにあなたの疑問のように、そうやったほうが効果的だ!というのは正しいと思います。

 

ですが、準備や後片付けなどが面倒くさくてたまにしかやらないぐらいなら、簡単にしょっちゅうやるほうが効果的です!
足を温めて悪いことは無いので、のんびり読書でもしながら一度試してみてください。


足湯の効果とは?どうやってやったらよいの?

足湯

そこまで言うならせっかくだしやってみるか!
と思ってここまで読んでくれた皆様、信じてくれてありがとうございます。

 

じゃあせっかくだし、足湯ってやったことないんだけどどうやるの?
って思う方もいるかもしれませんので、簡単にやり方について紹介しておきますね。

 

足湯のやり方は、非常に簡単です!
大きめのバケツにちょっと熱め(40℃〜43℃)のお湯を入れて、両足を突っ込んで温める。
以上!!

 

とめちゃくちゃ簡単です。
特に注意するようなこともないので、アナタが一番リラックスする場所で好きなことをやりながら、足を温めてくださいね。
温度も熱めと書いたのですが、特にこだわらなくてよいです。自分が好きな温度で快適に思えるぐらいのお湯で試してみてください。

 

時間もまあお湯が冷めるまでやってもらえば良いのですが、少なくとも15分程度はやった方が良いと思いますね。それぐらい足を温めると、皮膚表面がふやけて古い角質が落としやすくなりますからね。


足湯に入った後は?何をすればよいの?

足湯で足の臭い対策をしたい!と思っている方は、これだけはしっかりと覚えておいてください。
足湯をした後は、しっかりと足を洗う

 

この一手間をかけるかどうかで、足湯による足の臭い対策の効果は全然変わります!
せっかく足を温めて皮膚表面の角質を柔らかくして落としやすくしているので、しっかりと足を洗って、新陳代謝をさらに加速させてあげましょうね。

 

かかと、くるぶし、などの角質が固まってごわごわになっちゃている人は、角質を落とすようの軽石などを使用してもよいと思います。
ただ、あれば皮膚表面を傷つけていますし、やり過ぎちゃうほうが怖いと思っています。

 

しっかりとふやかした後にタオルやスポンジでしっかりとこするだけで十分ですので、気長に足の臭い対策をする!
という気持ちになって、のんびりやって見てくださいね。

 

また洗う時は、しっかりと爪の周り、指の股の間、という部分を洗うことも忘れないでくださいね。
足の臭いの元となる雑菌は、この狭い部分に集まっています。しっかりと洗うことによって雑菌を落とすことができますので、ぜひとも注意して洗ってくださいね。

足湯はやっぱり足の臭い対策に良いじゃん!

足湯による足の臭い対対策はいかがでしたか?
本当に驚くぐらい簡単だったので、拍子抜けした人もいたかと思います。

 

ですが、足の臭い対策として重要なのは、

  • 足表面をしっかりときれいに保つ
  • 足の血行を良くして、老廃物を排出する

 

という2点が肝だと理解してください。
なので、単純に温めてしっかりと洗う。という当たり前のことをするだけで効果が出ますので、まずは気軽に始めてみてくださいね。

広告
広告
page top