冬場のブーツの足の臭い対策

冬場の足は蒸れやすい!

ブーツ

 冬場の足は、なんせ蒸れやすい。
秋ぐらいはまだ比較的ましなのですが、冬場になると本格的なブーツを履くようになりますので、本当に足が蒸れやすくなります。

 

ムートンブーツ、ウェスタンブーツ、ロングブーツ、と女性にとっては、下駄箱に仕舞い込んでいたブーツを久々に出せるので楽しみな季節かもしれませんね。

 

ですが、この時期、足の臭い対策もわすれないようにしっかりとやりましょうね!

 

基本的に冬場の靴は、蒸れます。
しかもしっかりとした革製品が多く、手入れをしっかりとしてあげないと雑菌も繁殖しがちです。

 

ここでは、冬場の足の臭い対策について紹介していきますね。


冬でも足は汗をかくのか?

ブーツ

 まず冬場は足の臭い対策を軽視している方の意見を、真っ先に否定しておこうと思います。

 

どこで聞いたのか、体験談で話しているのか、何でそういうことを真剣に信じているのか、自分には全然わかりません。
ですが、結構ヤフー知恵袋などでも真剣に質問して、しかもそうやって答えてる人がいますので、あらかじめバッサリと否定しておきます。

 

で、そういう間違った意見はと言いますと、

自分は冷え症なので、むしろ冬場は足はカサカサになってる。
なので、靴の中でも特に汗はかいていない。
蒸れてるような感触もないので、あまり気にしないでよいはず!

 

なんて意見があるんですよね。

 

あながち間違っているようには見えないのが、また厄介なんですよね。

 

確かに踵とかむしろひび割れ気味なので、汗なんて全然かいてないように感じるかもしれません。
ですが、実際には靴の中の湿度、というのはそこまで季節の影響を受けているわけではないので、注意は必要です。
要は、靴の中の湿度は冬場でも高くなっています!

 

もちろん冬に比べて夏のほうが汗の水分量自体は多いです!
ですが、足の臭いを抑えたい。
ということに関して言いますと、冬場の靴の中の水分でもしっかりと雑菌は繁殖出来ちゃいますので、対策を行いましょうね。


冬場は、毛糸の靴下を履いて足の臭い対策をしよう!

毛糸

 毛糸の靴下、なんで履いたらますます足が臭くなりそうですよね。
なるべく薄っぺらい生地のものを選んだほうが蒸れなくてよいのでは・・・?

 

という疑問を持つ人も多いとお思います。

 

ですが、実は足の臭い対策を行うには、毛糸素材が非常に優れているんですね。

 

理由としては、
@汗の水分をしっかりと吸収してくれる
A毛糸自身に消臭効果がある

 

という2点の理由が挙げられます。

 

足の蒸れ対策、としてはあまり毛糸は不向きかもしれませんが、足の臭い対策としては非常に優れているんですね。

 

なので、どちらを優先させるのか?
ということになるのですが、基本的に足の臭い対策としては、
毛糸 > 綿 > ポリ
という順序を覚えておいてください。

 

また冬場の女性は、冷え症の方が多く、手足が冷たくなっている人も多いと思います。
血流が悪いのは臭いにも良くありませんので、しっかりと暖かい格好をして、足の臭い対策を進めていきましょう!


冬のブーツの臭いには、毛糸の靴下が効果的!

 冬場の寒い時期であっても、足の臭い対策が必要な理由、伝わりましたでしょうか?
実際、女性の方であればみんな、ブーツの中は蒸れる。
というのは体感的に理解していると思いますので、なんらか対策は必要!

 

という意見に関しても、すぐに賛同してもらえると思います。

 

もちろん消臭靴下が効果的なのは言うまでもありませんが、買ってない方は少なくとも暖かそうな靴下を履いてくださいね。
この時期に薄い靴下を履くと、血流が落ちて汗が臭くなる + 水分が吸収されない

 

というダブルパンチで足の臭いを悪化させますので、注意するようにしましょうね。

広告
広告
page top